ある程度の話術も必要になってくる

話術

最近では話術のある男はモテると言われていますが、話術が巧みな人の方が女性としても一緒に話していて飽きないでしょうからね。
ですので、話術が上手い男性がモテるのも解らない話ではないのですが、テレくらではどうなのでしょうか。

テレくらの場合は必ずしも当てはまらないのですが、それでも話術が上手い男性の方がチャットレディとしてもやりやすいでしょうし、距離を縮めやすいとも言えるでしょうね。
特に双方向ではなく、チャットレディだけが映像を発している状況の時には話術が問われてきます。

双方向であれば顔の表情などで「誤魔化す」事も出来るのですが双方向ではない場合、男性はすべて文字にして相手に伝えなければならないのですから、話術がなければチャットレディとのコミュニケーションもままならないでしょう。ましてや何でもリアクションするくらいの豆さも必要でしょうね。

チャットレディがちょっと表情を変えるだけで「あれ、どしたの?」とか「怒った?」といったように、すぐに反応する事が出来るような男性の方がチャットレディとしても助かるでしょうね。
そのため、テレくらで盛り上がるためには、ある程度の話術も必要になってくるでしょう。

お小遣い稼ぎが目的ではなかったりします

目的

チャットレディと言えばインターネット上で手軽に出来るお小遣い稼ぎとして知られていますよね。自宅にいながらにしてお小遣いを稼ぐ事が出来るのです。しかも上手く男性客を捕まえる事が出来れば日常生活でのお仕事の何倍も稼げるようになったりするのですが、チャットレディの全員が全員、お小遣い稼ぎが目的ではなかったりします。

もちろんお小遣いがまったくいらないという訳ではないのですが、チャットレディの中には自分自身がまるでアイドルになったかのような思いが出来るがために、その点が快感でテレくらのチャットレディが辞められないという女性もいるのです。
人気が出てくるとお小遣いを稼げるのはもちろんですが、チャットレディに対して多くの男性が群がってくるのです。「いつログインするのか」「この時間は空いているのか」「自分とテレくらしてくれないか」など、まさにアイドルかのように多くの男性が自分自身の下に集まってくれるのです。

これに割るい気を起こすようなテレくら女性はいないですよね。女性であれば大なり小なりお姫様願望があるでしょうからね。そのお姫様願望を思わぬ形で叶えてくれるのがチャットレディですので、お金抜きにチャットレディが楽しいという女性もいますよ。

チャットレディ選びも大切

大切

テレくらの何が楽しみかといえばチャットレディを脱がす事。そのように答える男性も珍しくないかと思うのですが、実際のところチャットレディは本当に脱いでくれるのでしょうか。これは男性次第でしょうね。もちろんチャットレディの性格にもよります。絶対に脱ぎたくないと思っているチャットレディもいますし、報酬のためには脱ぐのも厭わないというチャットレディだっています。

この点に関しては本当に人それぞれなのですが、男性次第でもあります。男性のノリ、さらには話術。これも必要になってきます。チャットレディからすれば脱ぐのは「武器」です。
「あと20分入室しててくれたら脱いでも良いよ」といったように、テレくらしてる男性を「足止め」させるための武器になるのですからね。

そのような時、男性としても「20分も待てない」となるでしょうから、そうなった時には男性の話術次第ですよね。実際話術に長けている男性の場合、チャットレディも「気付いたら脱いでいた」なんて漏らすほどですしね。ですのでテレくらでチャットレディが脱ぐかどうかというのは、チャットレディの性格、さらには男性の話術。この二点が必要になってきますので、チャットレディ選びも大切になってきますよ。

むしろ名案かもしれません

名案

女性が苦手だったり、女性の前に立つと緊張してしまうという男性は実は多いとも言われていますね。これは環境がそうさせている部分もあるかと思うのですが、この原因にあるのは女性への恐怖心とも言われています。

何を言われるのか解らないという思いがあるのでしょう。ですがそれでも本当は女性と仲良くしたいという思いがあるものでしょう。そこでです。テレくらで女性への苦手を克服したり、免疫を付けてみるのも良いのではないでしょうか。むしろそれは名案かもしれませんね。

テレくらですと、女の子と一対一の会話ではありますが、チャットレディも一応は「サービス」になりますので、罵倒されたりといった事もないでしょう。あくまでも男性をもてなすよう、しっかりと気を使ってくれますので、女性相手ではありますが、チャットレディは優しく接してくれますので、チャットレディとテレくらを楽しんでいれば、次第に女性への免疫も出てくるでしょうし、恐怖心もどこかに忘れ去る事が出来るのではないでしょうか。

ですので、女性への免疫を付けたいのであれば、テレくらで「練習」してみるのも悪くは無いでしょう。むしろ名案かもしれませんよ?(笑)

そこまで気を使う必要はない

必要

インターネットにどのような形で接続するのかは、インターネットに接続している人にとってはとても大切な部分と言えるでしょう。LTEなるものまで登場するなど、モバイルであっても家庭からのインターネット接続と変わらないような時代が到来したとは言え、ではテレくらではどうなのでしょうか。

確かにテレくらは映像を通すものですから、インターネット環境も大切なものなのではないかと思う人もいるかもしれませんが、電話回線などでインターネットに接続している人は今は少数派でしょうから、そこまで意識しなければならないようなものでもなくなってきています。

ADSL程度であってもテレくらで支障をきたすような事はまずないでしょうね。ですがモバイルの場合はどうしても圏外になってしまう事もあるでしょうから、その点を考慮すると速度の問題ではなく「移動する」という点で少々不便な点もあるかもしれませんね。ですがインターネットの接続速度に関しては、テレくらはそこまで高速なものを要求している訳ではありませんから、インターネット環境に関してはそこまで気を使う必要はないでしょうね。むしろどのように話すかの方が大切でしょうし。

そこまで徹底しているものではない

徹底

テレくらの基本的なシステムを知れば、テレくらがどのようなサービスなのか見えてくるのではないでしょうか。テレくらは男性はお金を支払って楽しむものですが、女性はお金を支払うのではなく、むしろお金を受け取る側なのです。サクラという事ではなく、そのようなシステムとなっているのです。

男性は本能的な部分で女の子とお話ししたいと思っているでしょうが、女性からすれば男性とお話しする必要はない。でも「お金」がかかっているのであれば…と思う事もあるのではないでしょうか。

そのため、テレくらは男女共に、動機の違いはあれど「お話ししたい」という思いがあるのです。このため、事情をしっかりと知っている男性からすると「お金を支払っているのはこっち」という意識が出てしまう男性もいるのですが、てれくらにいるチャットレディは「男性をもてなそう」と思っているのではなく、話してお小遣い稼ぎをといった思いの方が強いですから、「サービス」かというとそこまで徹底しているものではないのです。それこそ男性に対してタメ口のチャットレディも珍しくないですしね。

それを考えると、チャットレディに対して配慮するのはチャットレディからすると良い印象になりますよ。

ライブ感は男性しか感じていない

ライブ

テレくらは双方向でこそ楽しめるものだという声もあります。双方向とは、簡単に言えば双方が映像を通して楽しむ事が出来る形式のものです。実はテレくらは大抵がチャットレディは顔を見せているものの、男性側は実は文字だけのものだったりするのです。ですのでテレくらという名称ではありますが、ライブ感は男性しか感じていないのです。

テレくらはチャットレディがもてなす側ですからそれでも構わないものなのでしょうが、チャットレディとしても盛り上がりたい気持ちもあるでしょうし、男性としても文字だけでやり取りするよりも自分自身の声や表情でやり取りする事が出来る方が楽しいですし、何より盛り上がります。

インターネット上とはいえ自分の顔を見せるのは抵抗があるという方もおられるかもしれませんが、映像と言っても記録されているものではありませんし、チャットレディからすれば文字だけが返ってくるよりも表情を確認出来る方が楽しいものでしょう。ですので双方向のテレくらの方が盛り上がりやすいとも言われています。自分の顔に自信が無いという人もいるでしょうが、そもそも自分自身の顔に自信のある人の方が少ないですから双方向も良いと思いますよ。

Copyright(c) 2014 テレくら ラブfollando All Rights Reserved.